Skip to content →

レーザー脱毛は医療機関でしか受けられない!?サロン脱毛との違いは?


レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療機関での施術は「レーザー脱毛」、エステサロンなどでの施術は「光脱毛」といいます。この2つは何が違うのでしょうか。それは、脱毛する力の差です。メラニン色素に反応する光をあてるところは同じなのですが、その光を照射する強さが違うのです。医療脱毛は、レーザーを毛根にあてて、根元から破壊してしまいます。対してサロン脱毛は、光を毛根にあてて根元にダメージを与え、毛を生えにくくする方法です。あてる光のパワーが違うのですから、当然施術の回数にも違いが出てきます。通院するのは毛周期に合わせて2か月に1度くらいです。レーザー脱毛は5回程度で終了するのに対し、光脱毛は12回ほどかかります。施術1回あたりの料金は、光脱毛の方が安いですが、レーザー脱毛より多く通わなければいけないため、全体的に見ればどちらも同程度の金額になります。

なぜ医療機関でしかレーザー脱毛は受けられないの?

レーザー脱毛の方が強いパワーで短期間で脱毛できるんだから、すべての施設でレーザー脱毛を行えばいいのに…と思った人もいると思います。でもそれはできないのです。本来、脱毛は医療機関でしか施術できません。レーザー脱毛は照射力が強いので、肌にもダメージを与えてしまいます。そのため、施術時に痛みを伴います。医療機関には必ず医師がいますから、もし施術中に肌のトラブルが起きてしまった場合でも即座に対応することができます。また、麻酔をかけて痛みを軽減することも可能です。サロンでは、万一トラブルが起きた時にすぐ対応することができません。そのため、安全な低出力の光脱毛を行っているのです。

医療レーザー脱毛は、医療機関が行う安全性の高い脱毛です。クリニックには医師が常駐しているため、万が一、皮膚のトラブルがあった際にも素早く対応してもらうことができます。