Skip to content →

歯の痛みを根元から和らげることができる!歯科医院の根管治療


根元から取り除く歯の痛み

歯に痛みを発生させる原因にはさまざまなものがあります。歯が痛くなる原因の多くは歯自体に何らかの障害がある場合ですが、歯以外の場所が痛みの原因になっている場合もあります。根管治療も歯を治療するために行われている治療法の一つで、歯の根元の部分を改善するのが特徴の治療法です。歯の根元の部分には神経や血管などが存在しますが、この部分のことを歯科医院では根管と呼んでいます。根管治療が必要になるのは歯髄に不具合が発生した場合で、歯髄とは歯の根元から歯の本体に通っている組織のことです。この歯髄が存在することにより、歯は成長することができるのですが、歯髄の部分に何らかの障害が起こった場合には、歯の成長が妨げられる場合もあるので、症状が悪化する前に治療が必要になります。

根管治療の手順について

根管治療を行う場合には、まず問題のある歯髄の部分を根から取り除く必要があります。歯髄の中でも損傷している部分を慎重に取り除いていくことで、他の部分に影響を与えないようにして治療が進めることができます。問題のある歯髄を取り除いた後の歯の根元部分は、しっかりと掃除する必要があります。根管の部分を清潔にしておくことで、再び同じような症状が発症する危険性を低下できます。きれいに根管を掃除し終わった後は、そのままの状態にしておくと、歯の一部に空洞が生じてしまいますが、内部の隙間を充填するために使われるのが詰め物です。歯髄は重度の虫歯や外部からの傷などによっても損傷することがあり、再発を防止するためには、歯を健康な状態に保つことが最適の方法です。

根管治療とは、むし歯が歯の内部の神経に達して炎症などを起こしてしまった場合に行う治療です。様々な種類の薬を投入することも特徴となっています。