Skip to content →

女性の悩み!バストエイジングを解決するために豊胸手術を受ける


バストエイジングとは

バストエイジングという言葉をご存知でしょうか。読んで字のごとく、バストが歳を重ねるごとに変化していくことを指しており、中年以降で多くの女性が悩むプロポーションの崩れです。バストは脂肪と乳腺という組織によって概ね構成されていますが、バストの形を支持するような乳腺や靭帯などの組織が年齢と共に弱り、その結果脂肪がバストの大部分を占めるため形が保持できなくて形が崩れる原因になるのです。日本人で多いバストエイジングの形としては、バストが垂れたり乳頭が外を向くような形になります。若い頃の張りのあったバストと比べると形や感触の違いに驚く女性も少なくありません。

バストエイジングは3段階で進む

バストエイジングは一般に、3段階を経て進行していくと言われています。まずバストの上側のボリュームが減少して、次にバスト全体の張り感が損なわれて垂れ、最後に乳頭が外側を向く変化が生じます。そのため、その段階ごとにどのような方法で補正するのがいいかは変わってくるのです。また、初期のバストエイジング対策だけでは年齢を重ねるとともに進行していくバストの垂れや変化に対応することが難しくなります。そこでバストの形を若々しく保つため、豊胸手術を受ける女性も少なくないのです。

バストエイジング対策の豊胸手術

バストエイジングの最初期はバストの上部分のボリュームが減少していくことから、この部分のボリュームを補うことで印象を若々しく出来ます。ヒアルロン酸注入などで十分にカバーが可能ですが、それよりも進行したバストエイジングではシリコン挿入術などバストの整形を行う施術を考えなくてはなりません。自分のバストの状態を把握して、ベストな豊胸手術を選びましょう。

豊胸とは、乳房を大きくする手術の事です。近年は胸を切らずに注射でヒアルロン酸を注入して乳房を大きくする方法が人気を得ています。