Skip to content →

血液クレンジングの基本情報を詳しく徹底解説!


いま話題の血液クレンジングについて知りたい!

血液クレンジングはいま大変注目されている治療法の一つです。血液クレンジングはオゾン療法とも言われていて、ドイツで誕生しました。ヨーロッパを中心に人気があり、イギリスのエリザベス女王の母親クイーンマムが血液クレンジングを健康法として取り入れていたことが有名です。体内の酸素運動能力を活発にして、自己免疫力をアップさせる効果があるといわれています。ヨーロッパでは昔からおこなわれている治療法で、60年以上の歴史があります。日本国内でも芸能人がSNSで血液クレンジングを利用したことを発信することもあって、治療を受ける人が増えています。どんな治療法かというと、100~150mlの血液を採取して、そこにオゾンを投与していきます。オゾンにより活性化された血液を、点滴を使って再び体内に戻すというものです。治療時間は1時間もかからないので、気軽に利用できます。

美容に健康に効果ありの血液クレンジング!

血液クレンジングは、さまざまな効果があります。血液を浄化することにより、アンチエイジング効果があるとされています。そして、ドロドロだった血液をオゾンの力でサラサラにすることで、頭がスッキリとしたり、目や体の疲れが取れたり、肩こりが改善したりと、色んな効果があると謳われています。利用した人は、「全身がポカポカしてくる。」「頭や身体がスッキリとリフレッシュする感じ。」などといった感想をもたれる人は多く、リピートして治療する人もいます。ヨーロッパでは、日常的な健康法として取り入れられていて、HIVやがんなどの疾患を補助する治療法としても活用されるケースもあります。

血液クレンジングは、オゾンを混ぜた血で身体を活性化させる治療です。患者の血液を100ccほど採血し、オゾンを混ぜてから、点滴を使って体内へと戻します。