Skip to content →

豊胸手術の方法は色々選べるようになった!あなたにぴったりの施術はどれ?


大きくバストのサイズを上げたい時の豊胸手術

豊胸手術には様々な方法がありますが、その手術の特性を理解し自分の目的にぴったりの施術を選ぶことが大切です。2サイズ以上のバストサイズ上昇を見込んでいるのであればシリコンバッグによる豊胸術が特におすすめで、様々な形に整形されたバッグをバストに入れることによって大きくサイズアップが望めます。バストをシリコンバッグが支持してくれるので、バストアップ効果やバストエイジングで形が崩れてしまう、という心配がある場合にもおすすめな施術です。

異物ではなく自家組織を入れる脂肪注入

大きなサイズアップは期待できませんが、シリコンなどの異物ではなく自分の細胞組織を注入できるのが脂肪注入の魅力です。自分の組織なのでアレルギー反応を起こしづらく、豊胸手術後のダウンタイムが短くて済む施術です。お腹周りやお尻周りの脂肪を取ってくるので、他の部位の部分痩せと同時にバストサイズを大きく出来ることも魅力です。ただし、取ってくる脂肪が無ければ受けられない施術なので、痩せ型の女性では実施することができないことがあります。

切らない豊胸手術のヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸とは関節などで潤滑剤の役割を果たしたり、肌の張りを保つために必要な成分として認識されているものですが、豊胸施術にも使用されます。バストのボリュームが欲しい部分にヒアルロン酸を注入することによって、ボリュームが欲しい部分に必要なだけ追加することが出来ます。左右のバストを同じような形にしたい、という要望を叶えるためにも使われますし、注射だけで施術が完了するので切らない豊胸手術としても人気な豊胸術です。

豊胸手術はただ胸を大きくするだけでなく、自分の理想の胸の形にすることが出来ます。自分で鍛えても谷間の当たりにボリュームを出すのはなかなか難しいですよね。憧れの胸を手に入れましょう。