Skip to content →

こんなにあるの!クリニックで受けられる膣縮小術の方法


超音波による施術方法

女性の膣というのは加齢や出産などの影響で緩みやすいといわれています。膣が緩むと膣内に空気や水が入りやすくなり、細菌性膣症の発症につながる恐れがあります。その他にも、不感症に悩まされることになるので、クリニックで膣縮小術を受ける方は少なくありません。クリニックには様々な種類の膣縮小術がありますが、最も手軽にできると人気なのがHIFUを使用した施術です。これは、HIFUと呼ばれる超音波を膣の中に照射する施術のことです。超音波を当てることで膣内のコラーゲンが活性化され、膣が引き締まっていきます。ダウンタイムもなく、すぐに日常生活に戻ることが可能です。

ヒアルロン酸注入による施術

もう一つ手軽にできると人気を博しているのが、膣内にヒアルロン酸を注入して内側から膨らませる施術です。ヒアルロン酸はもともと人体で生成される物質であることから、非常に安全性が高いです。また、注射を打つ際は局所麻酔を施してくれるので、痛みを感じることはほとんどありません。施術時間も20分ほどで終わることから、手軽にできるのが最大の魅力です。ただヒアルロン酸は体内に吸収されていくので、半年から1年ほどしか効果がないです。

外科施術による膣縮小術

半永久的に膣のゆるみを解消したいという方におすすめなのが、外科手術による膣縮小術です。これは、膣の粘膜や筋層を剥離してから縫合していく施術のことです。膣の奥の方まで確実に縮小できることから、膣のゆるみを大幅に改善することができます。ただ高度な技術と豊富な経験が必要な施術なので、クリニックを選ぶ際は信頼できるか見極めるためにきちんとカウンセリングを行うことが大事です。

膣縮小治療は外科手術のイメージが強いですが、レーザーで行うこともできます。レーザーでの施術だとダウンタイムが無いので、元の生活にすぐに戻れるのが魅力です。