Skip to content →

露出の多い夏場は日焼けに注意!日焼けがダメな理由


日焼けは肌トラブルの原因

夏場は露出の多い服装をする人が多く、気を抜くとすぐに日焼けをしてしまいます。脱毛サロンやクリニックなどで脱毛をしていない人なら、多少の日焼けをしても問題はないかもしれませんが、脱毛をしている人は注意する必要があります。脱毛サロンやクリニックでは、メラニン色素に反応して光やレーザーが照射されるタイプの脱毛機を使っているところが多いです。日焼けをすると、黒くなるのはメラニン色素が増えるからです。脱毛機が肌のメラニン色素に反応してしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。そのため、サロンによっては、日焼けをしている人に対して施術を断るところもあります。脱毛を完了させるためには、定期的に施術を受ける必要がありますが、日焼けによって計画通りに施術が受けられなくなってしまいます。

安全に施術を受けるためにも日焼け対策をする

脱毛完了までには、サロンで2~3年程度、クリニックでは1~2年程度が目安です。計画的に施術を受けるためには、確実に施術が受けられるように日焼け対策をすることが重要なのですが、毎日対策をするのは大変だと感じてしまいます。しかし、サロンでは、施術前後の2週間、または1ヶ月間、日焼けをしないようにと注意喚起をしています。つまり、この施術前後だけ徹底した日焼け対策をしていれば、安全に施術が受けられるということです。ムダ毛のない綺麗な肌を手にするための施術なのに、日焼けをしたために肌トラブルを引き起こしていたのでは意味がありません。安全に施術を受けて、ムダ毛に悩まされない綺麗な肌を手にするためにも、しっかりとした日焼け対策をして施術を受けましょう。

医療脱毛を千葉で受けるメリットは何といってもクリニックの規模にあります。規模は小さくても親身になってカウンセリングをしてくれるところが豊富です。